失敗しない、インプラント治療ガイド

インプラントの失敗その理由とは

失敗しない、インプラント治療ガイド » なぜ失敗?インプラント事故のトラブル事例集 » インプラントが割れた

インプラントが割れた

インプラントが割れたのですが、手術のやり直しでしょうか…?

数年前に奥歯に入れたインプラントなのですが、ある日バキッと割れて金具がむき出しになってしまいました。これは手術のやり直しが必要なのでしょうか?

割れたインプラントの画像

安心して。インプラントそのものではなく、被せ物の破折です

インプラントも長期間使用していると、トラブルが発生することもあります。その中でも割と軽いトラブルとして「被せ物の人工歯(上部構造)の破折」があります。インプラントの上部に取り付けている歯の部分が欠けたり割れたりするトラブルです。

患者様は「インプラントが割れた!」と驚かれるかもしれませんが、インプラントが割れたのではなく上の歯が割れただけなので、どうかご安心ください。

“上部構造の破折”その原因とは?

原因1 食いしばりや歯ぎしりなどによる上部構造の磨耗

インプラントは天然歯にある歯根膜というクッションがなく、歯にかかる衝撃や負荷が逃げにくくなっています。なので、上部構造にかかる負担は天然歯より大きく、すり減ってしまうのも早い。特に、食いしばりが強く歯ぎしりの習癖がある方の場合、さらにすり減りやすくなります。摩耗して薄くなると、ちょっとした衝撃でパキッと割れてしまいます。

過度な食いしばりや歯ぎしりがある場合、噛み合わせに問題がある可能性もありますので、噛み合わせの調整が必要になることもあります。

原因2 人工歯の素材の強度

インプラントに被せる人工歯の素材もさまざま。前歯なのか、奥歯なのかで変わる機能性や審美性とのバランスなどによって素材のチョイスが異なってきます。もちろん、予算によっても。

現在は審美性の高いジルコニアなどの開発により、中に金属フレームを入れずに人工歯をつくることが多くなってきました。ご自身の歯をよく見ていただくとわかるかと思いますが、歯というものは完全に白またはクリーム色なのではなく、少しだけ透明度があります。

ジルコニアは当初不透明で天然歯と並べると不自然だったのですが、最近のジルコニアは透明度があるものが数多く開発されてきました。ですので、ジルコニアの上に陶材を盛らずとも色付けだけで完成します。前歯はともかく、奥歯のように咬合負担の大きな歯であればこれで十分なのです。

“上部構造の破折”その解決方法とは?

基本的には上部構造を取り外して作り直すという処置になります。原因として、該当の歯に過度な負荷がかかっている場合は、噛み合わせの調整なども必要です。

失敗を避けるために必要なこと

今回のケースのように歯がすり減って割れてくれるということは、インプラント体にかかる過剰な負担を逃がしてくれたということでもありますね。良くも悪くも、インプラントは良く噛めますので材質の選択や咬合調整、そして定期的なチェック&メインテナンスが重要なのです。

割れたまま放置するのは厳禁!噛み合う相手の歯が伸びてきたり、隙間に汚れがたまって感染症を引き起こしたりします。早期であれば簡単なリペアで済むこともありますので、なるべく早く歯科医師にご相談ください。

失敗しないための
インプラントのクリニックの選び方

インプラントの失敗その理由とは

もっと見る

もっと見る

もっと見る

記事一覧を見る