失敗しない、インプラント治療ガイド

インプラントの失敗その理由とは

失敗しない、インプラント治療ガイド » インプラントニュース » セラミックとインプラントの違い

セラミックとインプラントの違い

ここでは、セラミックとインプラントの違いについて解説します。同じように綺麗に仕上がるセラミックとインプラントですが、両者は、もともと目的の違う歯科治療。ここで違いを明確にしておきましょう。

セラミックとインプラントは違うの?

セラミックとは

欠けた歯や見た目の悪い歯の審美性を高める目的で、既存の歯にセラミック製の被せ物(人工歯)を装着させる処置のこと。あくまでも被せ物なので、被せるべき土台(自分の歯)が残っていることが、セラミックを受けるための前提となります。

治療法は大きく分けて2種類。金属の被せ物にセラミックを貼り付ける「メタルボンド」と、セラミックのみの材料で作る「オールセラミック」です。

インプラントとは

歯根を含めて完全に歯を失った箇所に、インプラント体と呼ばれるチタン製の柱を埋入。その上に、アバットメント(連結装置)と上部構造(被せ物)を装着する一連の処置のことを、俗にインプラントと総称します。

虫歯や歯周病などで抜歯を余儀なくされた患者や、ケガや事故で歯を失った患者が、ブリッジや入れ歯の代わりに選択する治療法です。

セラミックの特徴やメリットとデメリット

セラミックの大きな特徴は、治療後の歯の見た目が天然歯と遜色がないほどの美しくなる点。たとえ金属を使った「メタルボンド」によるセラミックだったとしても、治療後に金属が覗いてしまうことはありません。

以下、セラミック治療のメリット・デメリットを見てみましょう。

セラミックのメリット

セラミックのデメリット

見た目がとても綺麗なセラミック治療ですが、上記のとおり、デメリットがあることも理解しておきましょう。

健康な歯を削りたくない場合はインプラントを選ぶべき

一般にセラミック治療を行う際、治療を受ける歯はもとより、隣り合わせる健康な歯を削らなければならないこともあります。場合によっては、削るだけではなく神経を抜かなければ治療ができないこともあります。

健康な歯を侵襲すると、若いころは問題なく噛むことができるものの、歳を重ねるにつれて、様々な不具合が起こることもしばしば。長期的には、抜歯のリスクが高くなるとも言われています。

不具合のある歯をセラミックで治すことは、確かに一つの選択肢です。しかしながら、健康な歯を削ってまでセラミックを受けるべきかどうかは、先々のことも踏まえて熟考すべきでしょう。

一方でインプラントは、不具合のある歯を抜く必要はあるものの、周囲の歯に侵襲を与えることは一切ありません。健康な歯に手を付けたくないという方は、最初からインプラント選んだほうが良いでしょう。

インプラントの失敗その理由とは

もっと見る

もっと見る

もっと見る

記事一覧を見る