失敗しない、インプラント治療ガイド

インプラントの失敗その理由とは

失敗しない、インプラント治療ガイド » インプラントニュース » 差し歯で失敗するケース

差し歯で失敗するケース

ここでは、差し歯が外れてしまったり、ぐらついてしまったりしたときの対処法について解説しています。差し歯に不具合が起こる原因の多くは、差し歯が適応ではない症例に対し、無理に差し歯を施すこと。治療判断の失敗と考えても良いかも知れません。

そもそも差し歯とは?

差し歯とは、虫歯やケガなどの理由によって失われた歯を、人工的な柱と被せ物によって回復させる治療のこと。歯を失った患者の多くが、選択肢の一つとして検討する治療法です。

一方で、同じく失った歯を復活させる治療法として、インプラントが有名です。歯を回復させたいと考えている患者の中には、差し歯とインプラントを混同している例も見られるため、ここで両者の違いを確認しておきましょう。

差し歯とインプラントの違い

差し歯とは、残っている天然の歯に柱を埋入し、その上に被せ物を装着する治療法。一方でインプラントとは、歯根も含めて天然の歯が残っていない患者において、顎の骨に柱を埋入して被せ物を装着する治療法です。

天然の歯が残っている場合には差し歯も検討されますが、天然の歯が残っていない場合には差し歯を検討する余地がありません。

外れやすい差し歯とは

差し歯の治療を受ける場合、最低でも歯根が残っている必要があります。歯根がなければ、柱を埋入することができないからです。

しかしながら、実際に歯根のみしか残っていない歯に対し、無理に差し歯を施してしまうと、柱や被せ物が外れやすくなる傾向があるようです。加えて、歯根が虫歯に侵されるリスクも高まると言われています。

差し歯を受ける際には、どのような状態の患部に差し歯を行うのかを歯科医師にしっかり確認し、将来的なリスクを考慮したうえで、適切な治療法を選択するようにしましょう。

差し歯が外れたり虫歯になったりした場合の対処法

差し歯が外れときの対処法

差し歯が外れてしまった場合、状態を診てから、改めて差し歯を製作することは可能です。ただし、差し歯が外れるという事実の背景には、外れるなりの理由があります。改めて差し歯を埋入しても、やがて同じ理由で差し歯が外れてしまうリスクが高いでしょう。

たとえ強固なボンドを使用して再施術をしても、ふたたび外れる確率に大差はありません。

歯根が虫歯になったときの対処法

差し歯を埋入した歯根に虫歯が見つかった場合には、虫歯削ってから、改めて差し歯を製作することが可能です。ただし、虫歯を削ることにより、歯根という土台がより弱くなることは避けられません。結果として、以前よりも外れやすい差し歯になることでしょう。

差し歯がぐらついたときの対処法

差し歯がグぐらつく理由には、主に次の2つがあります。

そもそも差し歯が外れかかっている

何らかの理由により外れかかっている差し歯は、ぐらつきます。理由には様々なものが考えられますが、多くの場合は、差し歯を支える土台が少ないことです。上で説明した通り、歯根しか残っていない歯に無理に差し歯を埋入すると、ぐらつきから始まり、やがて差し歯が外れてしまうことになるでしょう。

歯根にヒビが入っている

差し歯を埋入した歯根にヒビが入ると、差し歯がぐらつきます。埋入した差し歯に対して斜めの強い力が加わったときなど、歯根にヒビが入ることがあるので注意してください。

そもそも差し歯を埋入する歯根では、神経が抜かれています。神経が抜かれた歯は、抜かれていない歯に比べて脆くなっているため、普段から差し歯に無理な力を加えないよう注意する必要があります。

差し歯が外れてしまった場合には別の治療法も視野に

一度ぐらついてしまった差し歯は、近い将来、外れてしまうことでしょう。外れてから再施術を受けることも可能ですが、多くの場合、やがてまた外れてしまいます。

差し歯が一度外れてしまった方は、インプラントやブリッジ、入れ歯など、何らかの別の治療法を検討したほうが良いかも知れません。

インプラントの失敗その理由とは

もっと見る

もっと見る

もっと見る

記事一覧を見る