失敗しない、インプラント治療ガイド

インプラントの失敗その理由とは

失敗しない、インプラント治療ガイド » インプラントニュース » 歯科医院で使われているCO2レーザーって何?

歯科医院で使われているCO2レーザーって何?

インプラント歯科医院で広く活用されているCO2レーザー。ここでは、CO2レーザーの特徴や、治療現場での活用例、メリット・デメリットなどについてまとめました。

CO2レーザーとは

CO2レーザーとは、医科や歯科分野で広く用いられているレーザー機器の一種。炭酸ガスレーザーと呼ばれることもあります。

レーザーの大きな特徴は、従来、切開やドリルなどを利用して行っていた歯科治療を、レーザーの光によって代行できるという点。治療にともなう体への侵襲が大幅に軽減されるため、患者の心身の負担や治療のリスクも大きく軽減されます。

現在、CO2レーザーは一般歯科治療を始め、インプラント、口内炎治療、歯周病治療、根管治療、顎関節症治療など、さまざまな歯科治療に活用されています。

CO2レーザーの具体的な活用例

一度使うと手放せなくなる、と歯科医師の間で言われているCO2レーザー。具体的には、たとえば次のような治療でCO2レーザーが用いられています。

インプラント治療

止血効果や消毒効果、炎症の抑制効果などを目的に、インプラント治療で広く用いられています。

口内炎治療

口内炎の炎症部分にCO2レーザーを照射することで、治りが早くなることが知られています。

知覚過敏の治療

知覚過敏の原因は、歯の外部にある微細な穴。CO2レーザーがこの穴を埋め、知覚過敏の症状を緩和させます。即効性あり。

歯槽膿漏の治療

CO2レーザーによって歯肉の内部の状態が改善され、歯槽膿漏の症状が緩和します。

歯茎の審美治療

CO2レーザーにはメラニン色素を除去する効果があるため、歯茎の黒ずみの除去などの審美治療に高い効果が期待できます。

CO2レーザーのメリット・デメリット

CO2レーザーのメリットとデメリットを確認してみましょう。

CO2レーザーのメリット

CO2レーザーをインプラントに導入することで、手術時における高い止血効果が期待できます。同時に、消毒作用や組織の回復を促進させる効果もあるとされています。

また手術時の痛みを和らげる効果も高いとされ、一部の歯科クリニックでは、CO2レーザーによる治療を「無痛治療」と謳っているほどです。

CO2レーザーのデメリット

従来からある切開やドリルなどを使った治療に比べると、治療に時間がかかる点がCO2レーザーを始めとしたレーザー治療全般のデメリットと言えます。

レーザーを用いてドリルなどと同様の早さで治療を行うためには、レーザーの出力を上げなければなりません。しかしながら、レーザーの出力を上げすぎると、歯や粘膜を傷付ける恐れがあります。結果、一定レベルの出力を維持させなければならないため、治療に時間がかかることになります。

インプラントの失敗その理由とは

もっと見る

もっと見る

もっと見る

記事一覧を見る