失敗しない、インプラント治療ガイド

インプラントの失敗その理由とは

失敗しない、インプラント治療ガイド » 失敗を防ぐインプラントの正しい知識 » インプラントと他の治療の比較

インプラントと他の治療との比較

インプラント、ブリッジ、入れ歯、差し歯を比較!

なんらかの事情で歯を欠損してしまった場合、それを補うための修復方法には、入れ歯やブリッジ、差し歯といった方法が長らく選択されてきました。これら各治療法にもそれぞれメリットとデメリットがあり、患者さん皆が皆インプラントが最適というわけではなく、こうした従来の治療法の方が最適であることも多々あります。

歯を取り戻すための治療を受けるにあたり、患者さんはまず、ご自身の譲れない条件や希望を考えてみてください。治療期間、費用、見た目、痛み、どのくらい長持ちしてほしいか、アフターケアの大変さ、外科手術の有無……。その譲れない条件を医師に伝え、どういった治療法が最適かを相談しましょう。
これからも長い付き合いをしていく大切なご自身の歯のことですので、安易に決定せず、インプラントのメリットやリスクも知ったうえで、他の治療法とも比較をしてみてください。

各治療法のメリット・デメリットとは?

ブリッジ

ブリッジとは、欠損した歯の両側の歯を削り、3本につながったワンピースタイプの固定式人工歯を入れ、欠損した歯を回復する治療法のこと。“ブリッジ”という名前の通り、歯に橋をかけるような治療法です。
インプラントが登場する以前は、欠損歯の治療法として入れ歯と並んで最もポピュラーな治療方法でした。現在でも、歯科クリニックであればほぼ全てのところで治療が可能です。
ブリッジのメリットとデメリット、ブリッジとインプラントどちらを選ぶべきかをまとめました。

インプラントとブリッジのちがい

入れ歯

入れ歯とは具体的には、取り外しができる義歯を装着する方法で、プラスティック樹脂やポリプロピレン、生体用のシリコンなどで歯茎と歯を作り、自身の他の歯に金属で引っ掛けて装着します。
インプラントが登場する前は、ブリッジと同じように入れ歯も、歯を失った時の代表的な治療方法のひとつでした。 入れ歯には、一部を補う部分入れ歯と、全体を補強する総入れ歯の2種類があります。
入れ歯のメリットとデメリット、入れ歯とインプラントどちらを選ぶべきかをまとめました。

インプラントと入れ歯のちがい

差し歯

差し歯は、虫歯治療などの際に、歯の大部分と神経を失った部位を補うための対処として行われます。
よく差し歯とインプラントが混同されますが、歯根を骨の中に埋め込むインプラントとは違い、差し歯は歯の根っこ部分に金属の土台を埋め込みます。つまり差し歯とは、歯の上部をなんらかの理由で失ってしまった時にだけできる処置になります。もし歯根や歯そのものが全て抜けていれば差し込むところがなくなってしまうため、差し歯には出来ません。
差し歯のメリットとデメリット、差し歯とインプラントどちらを選ぶべきかをまとめました。

インプラントと差し歯のちがい

インプラント

インプラント治療とは、顎の骨に小さなネジ状のインプラント体を埋め込み、その上に人工の歯を固定して被せる治療法です。ブリッジのように治療が必要でない歯を削ることもなく、失った歯を人工的に補えます。
また入れ歯と違い、顎の骨に人工的な歯根をしっかりと固定するため、本物の歯のように顎の骨から歯がでている状態になるので限りなく自分の歯に近い状態になります。
歯の機能性だけでなく、従来では難しかった歯根までも見事に再現してくれるので、美しさといった点においてもより自然な状態を再現してくれるのです。

インプラントのメリット・デメリット

治療法はどうやって選べばよいのか?

インプラントは人体と相性の良いといわれるチタンでできた人工的な歯根を歯茎の中の顎骨に固定し、そこから人工歯を出すため、極めて自然な仕上がりになり、見た目も本物の歯と見間違うほど自然です。耐久性や強度といった面においても、入れ歯やブリッジと比べて強固で頑丈。機能面でみても本物の歯と同じように食べ物を噛むことができ、違和感を感じることはないでしょう。

インプラント自体は40年前くらいから治療されてきた医療行為ですが、近年ますます歯科治療技術や設備・器具等が進化し、一般にも広く知られるとともに、インプラント治療を受ける方は年々増加しています。
インプラント治療は歯科医療に新しい風を吹き込んだとも言える画期的な治療法ですが、ただし全てにおいて最高な治療法かといえば、必ずしもそうではありません

例えば費用面で見ると、保険が効かないインプラント治療は、保険が適用されるブリッジや入れ歯、差し歯に比べても高額になり、患者さんの負担は大きくなります。ただしインプラント治療は他の治療法に比べて圧倒的に長持ちするため、この費用を単純にその時にかかる費用としてだけ比較するのではなく、生涯的にどれくらいコストがかかるのかまでみて計算すれば、また違った見方が出来ます。

また治療期間においても、インプラントは外科手術も含まれるため、他の治療法に比べて通院回数も必然的に多く、3ヶ月から7ヶ月程度治療期間が発生します。1年程度かかる方もいます。これが入れ歯やブリッジ、差し歯であれば、2~5回程度の通院回数で済むことでしょう。
しかしこちらも、後々のアフターケアやメンテナンスの楽さを含めて考えると、インプラントは他の治療法に比べてかなり楽な治療法です。入れ歯やブリッジ、差し歯は毎日のお手入れにひと手間かかり、怠るとすぐに歯の間に食べ物のカスなどが溜まりやすい治療法です。また、数年使えば変色したり取れやすくなるため、再度歯科でつくりなおす必要も出てきます。
もちろんインプラントにしたからといってメンテナンスフリーになるわけではありませんが、それでも入れ歯やブリッジ、差し歯と比べてみれば、格段に手間のかからないケアで済みます。

失敗や後悔しない治療を受けるために大事なことは、様々な選択肢の中から自分にとってどれが最適な治療法であるかを知り、判断することだと思います。そして、大事なその判断を一緒に考えてくれる心強いパートナーとして、専門家である医師の存在があります。
そのためにも、不安や悩み、希望は何でも医師に伝え、最適な治療法を選択しましょう。

インプラントの失敗その理由とは

もっと見る

もっと見る

もっと見る

記事一覧を見る