失敗しない、インプラント治療ガイド

インプラントの失敗その理由とは

失敗しない、インプラント治療ガイド » 失敗を防ぐインプラントの正しい知識 » インプラントはメンテナンスが肝

インプラントはメンテナンスが肝

インプラント治療後のメンテナンスこそ重要

長かったインプラント治療が終わり、ついに快適な歯を取り戻したとなれば、喜びもひとしおですよね。
ですが、せっかくインプラント治療でキレイな歯に戻れても、きちんとアフターケアやメンテナンスをし続けなければ、天然の歯と同じようにトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

インプラント治療後に気を付けたいトラブル

歯科インプラント治療の予後のトラブルでよく聞かれるのは「ペリインプラントタイティス」です。なにやらややこしい名前をしていますが、要は、歯周病と同じように歯の周囲組織が炎症したり骨吸収を起こしてしまうこと。インプラント周囲粘膜炎やインプラント周囲炎とも呼ばれています。

インプラント周囲粘膜炎

処置したインプラントの周りに歯垢と呼ばれるプラークが溜まってしまい、歯周病菌が増殖してしまうことから発生する炎症です。
粘膜が赤くなったり、腫れたりしますが、痛みや違和感を感じることがあまりないため、自分では症状に気づきにくいのが難点。インプラント処置をした周辺の歯を磨いていて出血する場合は、注意が必要です。

インプラント周囲炎

インプラント周囲粘膜炎をそのまま放置していると、炎症は確実に拡大してしまいます。これによって顎の骨にまで感染が及んでしまい、インプラント周囲炎となります。
こうなると治療するのも時間がかかりますし、炎症自体が緩和しにくくなります。最悪の場合は、顎の骨に定着していたインプラントが外れてしまうこともあります。

こうした症状を引き起こさないためにも、インプラント治療後は日頃の丁寧なケアや、定期的なメンテナンスを怠らないようにしましょう。

インプラント治療後のメンテナンスの方法や注意点

毎日のメンテナンス・ケアは、正しいブラッシングが基本

特別な準備や心構えをする必要はありません。大切なことは、なによりも歯垢をためないように、日々のブラッシングを怠らないことです。
天然の歯と同じように食事の後にしっかりと歯磨きをしてください。注意して欲しいのは、インプラント治療をした部分には天然の歯と違って境目となる接合部があります。ここの汚れが歯ブラシでは落としにくいのです。
この対策として、歯間ブラシやデンタルフロスを歯ブラシと併用してみるのはおすすめです。ちなみに歯間ブラシは金属を使ったものでなく、ゴムのみを使用したものや、金属部分をプラスティックでコーティングしたものを使用してください。
肝心なのは、日々の習慣として、自分自身が歯周病や歯槽膿漏の予防を心がけること。歯槽膿漏になると歯茎が炎症を起こしてしまいます。こうなると歯を支えていた骨が痩せてインプラントが抜けてしまうので、念入りにケアしてください。

定期的に歯科クリニックでお手入れと検診を受けること

きちんと歯磨きをしていても、どうしても歯垢はついてしまうもの。これはブラッシングや食生活に問題があることもありますが、歯磨きは一人ひとりの歯並びや歯茎の状態によって合った磨き方があるので、ただ闇雲にブラッシングをしていれば綺麗になるといったものでないのが原因です。
きちんと磨いたつもりでも、歯ブラシが届かずに磨き残した歯は誰にでもあるもの。だからこそ、歯科医師や歯科衛生士が行う歯磨き指導はとても大事なのです。
インプラント治療後は、定期的に歯科クリニックを訪れて歯垢がついているかどうか、お口の中が健康な状態かどうかチェックをしてもらってください。

定期メンテナンスについては担当歯科医から指示があると思いますが、目安としては、インプラント治療をして1年以内は、3ヶ月に1回のペースで検診を受けることをおすすめします。少なくとも半年に1度は定期検診へ行きましょう。

インプラント治療は施術後のアフターケア・メンテナンスを怠ってはいけません。これは必ず守ってください。治療終了後、安心してそのまま放置してしまう方がいますが、これは非常にまずいことです。 処置したインプラントに過負担がかかっている場合があったり、補綴物が破折したりしていることもよくあるからです。
また、歯周病が急に進んでしまうことがあります。歯科クリニックに定期的に通うことで、自分のインプラント治療後の状態、お口の中のことを常に歯科医に診ておいてもらうことが重要です。

歯科検診では、気になる点がないかレントゲンを撮ったり、インプラント周囲粘膜炎やインプラント周囲炎などのトラブルが起こっていないか、また口腔内は衛生的かなど、予後の状態を様々な角度から診てもらうことができます。また、骨と人口歯根がきちんと結合しているかどうか、インプラントの部分の噛み合わせがうまくできているかも調べてもらえるはずです。
もし万が一異常が発見されたとしても、定期検診で不具合が見つかればすぐ処置をしてもらえます。こうして定期的に医師に診ておいてもらうことで、なんらかの原因によってインプラントが不具合でグラついたり、抜けてしまうといった最悪の事態も回避できるはずです。
インプラントの再修復や再手術が必要になった場合の費用負担をしてもらう保証制度に加入している場合は、保証が受けられるかどうかの確認も忘れずに行いましょう。

インプラントの失敗その理由とは

もっと見る

もっと見る

もっと見る

記事一覧を見る