失敗しない、インプラント治療ガイド sponsored by KU歯科

インプラントの失敗その理由とは

失敗しない、インプラント治療ガイド » 失敗を防ぐインプラントの正しい知識

失敗を防ぐインプラントの正しい知識

失敗や後悔をしないために、知っておきたい情報をまとめました

今ではインプラント治療の成功率は98%前後と学会の論文で報告されているくらい、成功率の高いインプラント。それでも、メディア等ではトラブル事例がたびたび取り上げられるのが実情です。

こちらでは、インプラント治療で失敗したりトラブルにあって後悔しないために、治療を始める前におさえておきたい重要なポイントや基礎知識をまとめています。
失敗のないインプラント治療は、事前準備や情報収集から始まっています。

知っておけば安心!インプラントの基礎知識

インプラント治療とは

本物の歯と同じように機能するインプラントは、見た目の自然さや審美性に優れ、入れ歯や差し歯、ブリッジなどに比べても耐久性を持っています。なにより噛む力や噛み心地が他の治療法とは比べものにならないくらい優れた治療法です。
ここではインプラントとはそもそもどういった治療法になるのか、また今主流となっている代表的な治療の種類も含めて紹介したいと思います。

インプラント治療とは

インプラントのメリットとデメリット

革新的なインプラント治療方法であっても、メリット・デメリットはともに存在します。それぞれを理解した上で治療をスタートすることが重要です。
同時に、インプラント治療で失敗しないための最大の秘訣は、実績のある歯科医師・クリニック選びにかかっていることにも触れています。

インプラントのメリットとデメリット

低侵襲治療が重要な理由

誕生から70年以上がたち、長年の研究や臨床から精度の高い治療法として認められているインプラント治療。取り組みとしては、患者さんのQOL(Quality of Life)を考え、痛みやダメージを極力おさえる低侵襲治療(MIインプラント)が主流となってきました。
ただし低侵襲治療をするには、とくに高いレベルの歯科治療技術が求められます。低侵襲治療を行なっているからといって安易に飛びつくと、思わぬトラブルに遭遇しかねませんので要注意。

低侵襲治療が重要な理由

インプラントはメンテナンスが肝

インプラントは治療の後のメンテナンスやアフターケアがとても大切です。メンテナンスを怠ってしまうと、インプラント周囲粘膜炎やインプラント歯周炎といった病気になってしまうこともあります。インプラント自体が虫歯になることはありませんが、そのかわりに天然の歯よりも細菌の影響を受けやすいので注意が必要です。
メンテナンス方法や注意点も事前に知っておきましょう。

インプラントはメンテナンスが肝

インプラントの費用

虫歯治療などとは異なり自由診療になるインプラントは、平均して治療費が高めです。なかにはリーズナブルな費用で治療しているクリニックもありますが、費用の安さだけで決めるのは×。歯科医の治療方針や経験・実績、適切な診断・カウンセリングなど行なっているか見比べて、総合的に治療先を判断してください。
インプラント治療にかかる一般的な費用についても掲載しました。

インプラントの費用

治療期間・治療の流れ

自身の受ける治療の流れについては、一通り頭に入れておけば安心です。インプラント治療は3ヶ月~7ヶ月程度、人によっては1年近くかかるなど、長期にわたるため、自身の治療具合の進行度がわかっていれば不安も緩和されるからです。
ここでは治療期間や手術時間の目安も解説していますので、ぜひ参考にしてください。

治療期間・治療の流れ

手術中の痛みはあるか

簡単な症例なら親知らずを抜くよりも簡単だと言われているインプラント治療。さて、その実態はいかがでしょうか。
ここではインプラント治療中の痛みにスポットを当ててみました。手術中の痛みはどういったものがあるのか、それらを除去するための麻酔についても解説。
治療への恐怖心がある人向けのケア情報をまとめています。

手術中の痛みはあるか?

骨量が足りないときの手術

インプラント体を埋め込む土台の骨がしっかりとしていなければ、そもそもインプラント治療ができません。骨量がない場合の対処法にはいくつか種類があります。
骨の状態によって採用される骨造成や骨移植、GBR、ソケットリフト、サイナスリフト、仮骨延長法など、それぞれの手術方法を解説しました。

骨量が足りないときの手術

インプラントと他の治療の比較

失った歯の治療を考える時、インプラントは最良の選択肢だと思います。他にも欠損歯の治療法にはブリッジや入れ歯、差し歯といったものもあるので、比較検討してみましょう。それぞれの特徴やメリット・デメリットも解説しています。
歯の状態やどういう症状の場合に、どれを選択すれば良いのか考えてみました。比較検討する上での判断材料のひとつとしてぜひ活用してみてください。

インプラントと他の治療の比較

こんな人でもインプラントできる?

歯を失った方にとって、とても心強いインプラント治療ですが、治療を受けるには注意が必要だったり治療ができないケースがあります。
特に糖尿病や心臓病、肝疾患、高血圧症、骨粗鬆症といった持病を抱えている方は注意が必要です。
必ず治療中の病気の担当医と歯科医双方に相談して、インプラント治療が受けられるかどうか判断を仰ぎましょう。

こんな人でもインプラントできる?

インプラントの寿命は何年?

インプラントの寿命について、治療10~15年後の残存率は90~95%程度。セルフケア、メンテナンスをしっかりやっている患者の率が90%程度と仮定すれば、ほぼ100%の患者において10~15年は持つ、ということにもなります。
ここでは、インプラントの寿命に関わる基本知識について確認していきましょう。

インプラントの寿命は何年?

インプラント手術後の食事の注意点は?

インプラント手術後の食事について、厳格なルールがある訳ではありません。ただし、インプラントと骨とは癒合するまでに数ヶ月ほどかかるため、その間、インプラントには大きな負担を与えないようにすることが基本です。
ここでは、インプラント手術後の食事に関する基礎知識について、複数の歯科医師の見解をまとめる形でご紹介します。

インプラント手術後の食事の注意点は?

インプラント治療の失敗で起こりうる後遺症

「かつてのように、しっかりとしたかみ合わせで食事を美味しくいただきたい」と考え、高額な治療費を支払って受けたインプラント。ところが、そのインプラント治療が原因で後遺症が生じ、治療前よりも食生活等が不自由になってしまったという例が報告されています。
ここでは、インプラントと後遺症に関して詳しく解説しています。

インプラント治療の失敗で起こりうる後遺症

インプラントで金属アレルギーを起こすことはあるのか?

高額な治療費を払ってインプラントを受けたにも関わらず、インプラントに使われている金属が原因で金属アレルギーを発症した、などということになっては目も当てられません。確かに、インプラントの土台は金属で作られています。
しかし、そもそもインプラントで金属アレルギーを起こすことなどあるのでしょうか?

インプラントで金属アレルギーを起こすことはあるのか?

インプラントの治療前に検査は必要?

インプラントの治療前に検査は必要?

インプラントは本当に日本人に不向き?

インプラントは本当に日本人に不向き?

低侵襲治療が重要な理由

低侵襲治療が重要な理由

インプラントのリピート率は100%?

インプラントのリピート率は100%?

歯科恐怖症とインプラント

歯科恐怖症とインプラント

インプラントにおける人為的トラブル

インプラントにおける人為的トラブル

インプラントのアフターケア

インプラントのアフターケア

インプラントにおける予防歯科という視点の重要性

インプラントにおける予防歯科という視点の重要性

インプラントと歯のバランスの関係性

インプラントと歯のバランスの関係性

インプラントと抜歯のタイミング

インプラントと抜歯のタイミング

インプラントの具体的事例を紹介

インプラントの具体的事例を紹介

インプラントも被せ物治療もメタルフリーの時代に!

インプラントも被せ物治療もメタルフリーの時代に!

インプラントを余儀なくされる歯の欠損の理由とは?

インプラントを余儀なくされる歯の欠損の理由とは?

関連ページ

失敗しない、インプラント治療ガイド

失敗しないためのインプラントクリニックの選び方
なぜ失敗?インプラント事故のトラブル事例集
失敗を防ぐインプラントの正しい知識
インプラントニュース
インプラントの撤去(他院修正)でよくある質問を解説

インプラントの失敗その理由とは

もっと見る

もっと見る

もっと見る

記事一覧を見る

もっと見る