失敗しない、インプラント治療ガイド

インプラントの失敗その理由とは

失敗しない、インプラント治療ガイド » なぜ失敗?インプラント事故のトラブル事例集 » インプラント失敗で起こる歯茎の腫れとは

インプラント失敗で起こる歯茎の腫れとは

インプラント失敗による歯茎の腫れを避けるために

抜歯の後、歯茎が腫れた経験をお持ちの方も多いことでしょう。インプラントもまた抜歯と同様に、いや、それ以上に歯茎に侵襲を与える治療法のため、治療後、一定期間は歯茎に腫れが生じます。この腫れは一時的なものなので、失敗ではありません。問題は、腫れが長引く場合です。

歯科医師の技術レベル次第、また患者の予後のケア次第では、インプラント治療後に腫れが長引くトラブルが見られるのでご注意ください。腫れに伴って出血や膿が出た場合、インプラントが抜けてしまうこともあります。

腫れや痛みが長引いたらトラブルの可能性あり

インプラントを受けた後に腫れや痛みを伴うことは、むしろ一般的です。どんなに技術レベルの高い歯科医師が治療を行なったとしても、ある程度の腫れや痛みは2~3日ほど続くと考えておいてください。骨の移植をした場合や、複数本のインプラントを行なった場合、また抜歯を伴った治療の場合は、さらに腫れ・痛みの期間が長引くと考えておきましょう。

ただし、いかに大掛かりなインプラント手術だったとしても、腫れや痛みが2週間以上も続く場合には問題。通常の腫れとは異なる何らかのトラブルが発生している可能性があります。腫れが長引く場合には、速やかに歯科医院に相談してください。

腫れ・痛みが長引く原因とは?

インプラント後の腫れや痛みが長引く主な原因を見てみましょう。

経験不足の歯科医師による乱暴な治療

インプラントは簡単な手術ではありません。経験不足な歯科医師が執刀した場合、器具の使用法が不適切であったり、骨や周辺組織への過剰な負担がかかったりなどし、歯茎が腫れてしまうことがあります。

インプラントと骨との癒着不良

患者の体質によりインプラントが異物と認識され、骨と上手に癒着しない場合があります。いわゆる拒絶反応の一種です。腫れだけに収まらず、最悪の場合、インプラントが抜けてしまうこともあります。

治療中の細菌感染

インプラント治療中、何らかの原因により治療部位に細菌が侵入してしまうことがあります。衛生管理・消毒環境が整った歯科医院を選ぶようにしてください。

薬の服用の中止

治療後に処方された薬は、歯科医師の指示に従い、必ず全部服用するようにしてください。自己判断で薬の服用をやめてしまった場合、腫れや痛みが長引くことがあります。

飲酒・喫煙

まだ傷口が落ち着いていない段階で、過度な飲酒・喫煙を行なった場合、歯茎が炎症を起こして腫れが長引くことがあります。

不衛生な口内環境

傷口を広げてしまうような強いブラッシングをする必要はありませんが、適度なブラッシング等で口内環境の良好な衛生を保つようにしてください。

腫れが生じた場合の対処法

インプラント後に腫れが生じた場合、歯科医院ではどのような対応をして症状を抑えるのでしょうか?代表的な処置法を3つ挙げてみます。

歯石と歯垢を除去して消毒をする

歯石や歯垢は、インプラント後に腫れを悪化させる要因。これらを綺麗に除去して洗浄・消毒することで、通常は腫れが治まります。

炎症が生じた部分を切除する

腫れが著しくなりポリープが生じた場合、炎症を抑える目的で切除手術を行なうことがあります。

化膿止めを処方する

化膿止め(抗生剤)を服用することで、歯茎の炎症・腫れを抑えることができます。通常、患部の洗浄・殺菌も並行して行ないます。

インプラント失敗による歯茎の腫れを避けるためには

インプラントで生じるトラブルの原因の大半は、歯科医師の経験不足と言われています。よって、歯茎の腫れなどのトラブルを避けるためには、技術レベルの高いドクターに執刀してもらう必要があるでしょう。

ドクターの技術レベルを見極めるためには、最低でも「インプラント専門医」の資格を保有しているかどうかを確認しておいてください。

「インプラント専門医」とは

「インプラント専門医」とは、その名の通り、インプラント治療に精通した歯科医師のみに与えられる資格。インプラント手術の経験数が豊富で、かつインプラント学会に在籍して一定の技術力があると認められたドクターのみが「インプラント専門医」の資格を付与されます。加えて、資格取得後も一定の治療実績をキープし、かつ学会活動も継続していなければ、資格を更新することができません。すなわち、現在進行形におけるインプラントの専門家が「インプラント専門医」となります。

インプラント手術における歯茎の腫れは、医師の技術レベル次第で避けることのできるトラブルです。インプラントを検討中の方は、かならず「インプラント専門医」の資格の有無を確認しておくようにしましょう。

インプラントの失敗その理由とは

もっと見る

もっと見る

もっと見る

記事一覧を見る