失敗しない、インプラント治療ガイド

インプラントの失敗その理由とは

失敗しない、インプラント治療ガイド » インプラントニュース » インプラテックス インプラント サミットとは?

インプラテックス インプラント サミットとは?

2019年3月24日(日)、有楽町朝日ホール(東京都千代田区)において、インプラテックス インプラント サミット2019(運営:株式会社インプラテックス)が400人の参加者を集め、開催されました。

各講演の概要は次のとおりです。

インプラントサミット2019の各講演概要 

インプラント周囲病変とは?

最初に登段したのは、スウェーデンの疫学調査をとりあげた弘岡秀明氏(東京都開業)。インプラント患者の多くが周囲病変を発症していることやインプラント周囲炎に確かな治療法がないことを挙げ、インプラント周囲粘膜炎の段階での早期発見・早期介入が特に重要であると強調しました。

「Treatment and risk management of peri-implant disease」

つづくStefan Renvert教授(スウェーデン・Kristianstad大)が弘岡氏の講演を受け、インプラント周囲病変予防には、埋入前に歯周治療を完了しておくこと、清掃可能な上部構造の形態、スクリュー固定、禁煙、定期的なメインテナンスがカギであると述べました。

「Peri-implantitis予防・対処を意識した植立手術と治療計画」

古賀剛人氏(千葉県開業)は、埋入手技の不備がインプラント周囲病変につながる可能性に言及し、予防・対処を意識した外科・非外科処置による対応などの選択基準が示されました。

「外科・補綴プロトコルを変えないインプラント選択のメリット」

越智守生教授(北海道医療大学)はインプラント治療の幅を広げる器材や治療法として、インプラテックスのインプラントシステム「InterActive」と「Swish System」を紹介、解説しました。

「脆弱な骨に対するシステマチックな対応法」

椎貝達夫氏(東京都・栃木県開業)は、インプラント植立部位の頬側の骨増生について言及。現在ある皮質骨の活用や、埋入方向が重要としたうえで自身が開発した骨幅径拡大・抜歯即時埋入に有用な「T’sボーンスプレッディング」について紹介、解説しました。

「ピエゾサージェリー及びK2キットを活用した低侵襲なインプラント治療」

三好敬三氏(東京都開業)歯槽頂からアプローチする、より低侵襲なバーティカルサイナスアプローチ、ピエゾサージェリー、そしてこちらも自身が開発に携わったという「K2キット」を紹介、解説しました。

インプラントサミット主催者情報

インプラテックス会社概要

参照文献・参考記事

インプラントの失敗その理由とは

もっと見る

もっと見る

もっと見る

記事一覧を見る