失敗しない、インプラント治療ガイド

インプラントの失敗その理由とは

失敗しない、インプラント治療ガイド » 失敗しないためのインプラントクリニックの選び方 » 専門医がいるか

専門医がいるか

インプラントで失敗したくないなら、まずは“専門医”を探そう

インプラント治療を検討する時は誰でも、「腕の良い歯医者さんに担当してもらいたい」と思いますよね。
ですが、たくさんある歯科クリニックの中から、どうやって腕の良い歯医者を見つければ良いのでしょうか。そのひとつの指針となるのが、歯科医の「専門医資格」の有無です。

インプラントの専門医とは何か?

インプラントに関する学会は国内に複数存在しますが、歯科医が「インプラント専門医」という肩書を持つには「日本口腔インプラント学会」という国内で最も大きな学会に所属し、一定以上のインプラント臨床経験と知識を身につけなくてはいけません。
この「専門医」資格は、ただ学会に所属していれば誰でもが取得出来るものではなく、学会が定めた10以上の厳しい条件を満たす必要があります。
例えば、正会員歴は5年以上、研修施設に通算5年以上在籍している、専門医教育講座を3回以上受講している、口腔インプラント指導医2名(内1名は施設長)の推薦が得られている、学術大会又は支部学術大会において2回以上の発表経験がある、口腔インプラントに関する論文を発表している……など。
そして当然、インプラント手術の経験が豊富であることも重要な条件のひとつです。
このような数多くの条件を満たした歯科医しか専門医資格は取得することが出来ないのです。
「インプラント専門医」制度については、厚生労働省の認可を受けているものではなく、あくまで日本口腔インプラント学会独自の基準ではありますが、この「インプラント専門医」資格を有する歯科医であれば、インプラントに関する深い知識と豊富な手術経験を持った医師である、と客観的に判断することが出来ます。

またこのインプラント専門医の肩書は一度取得すれば永久、というものではありません。
専門医を取得したあとも研究を重ね、学会にも出席し、5年に1度は3年以上経過した3症例についてレポートの提出をすることが義務付けられています。
これは日々新しくなる医療技術や発見された新事実などについて常に勉強し続けている、ということですので、患者さんからすれば、常にインプラントに関する最新の情報を持っている歯科医、という判断をすることが出来ます。

それぞれの分野の専門医が集まった“チーム医療”がベスト

インプラント治療を受けるにあたり、インプラント専門医資格を持った医師が担当してくれれば安心感はありますが、もうひとつ意識したいのは、その医院が「チーム医療」を行っているかどうかです。
歯科治療は口腔内全体を診察・治療してはじめて満足のいく結果が得られるもの。インプラントだけ、虫歯の治療だけ、矯正だけ、歯周病対策のみといった部分部分の治療で完結するほど歯科医療は単純ではありません。1本の歯だけを見るのではなく、口腔内を複合的な視点で治療にあたっていく必要があります。
ですからひとつの歯科クリニックの中にインプラントの専門医、口腔外科に強い歯科医、麻酔や歯周病を専門にしている歯科医などが在籍し、それぞれの分野のエキスパートが結びついてチームとして機能することで、特定の分野の専門医ひとりでは対処出来ないような高レベルな治療を進めることが出来るはずです。
こうした理由から、インプラント治療や歯科クリニック選びで失敗しないためには、包括的な歯科診療をおこなっている歯科医院を選ぶべきでしょう。

ちなみに、専門医資格はインプラントだけのものではありません。
口腔インプラント学会の他にも、口腔外科学会、歯周病学会、小児歯科学会、矯正歯科学会といった様々な学会があります。
こうした学会では、それぞれの分野の専門医制度や認定医制度が設けられており、学会の在籍期間や治療実績などに基づいて認定された歯科医師を、専門医や認定医として承認しています。これはいわば、その分野における治療のエキスパートの証として、各学会がお墨付きを与えたということです。

歯科クリニックのホームページなどを調べれば、医師の経歴紹介のページで専門医として認定されているかどうかがすぐにわかります。
もちろん専門医や認定医、指導医だけが、インプラント治療における絶対的な評価基準というわけではありません。
専門医資格を持っていなくても名医と言われる歯科医は多数います。が、多くの歯科クリニックや病院、歯科医の中から信頼出来る医師を探したり選んだりする場合には、専門医資格の有無は、その医師の知識量や実績数に対する客観的な判断材料になると思います。

インプラントの失敗その理由とは

もっと見る

もっと見る

もっと見る

記事一覧を見る