失敗しない、インプラント治療ガイド

インプラントの失敗その理由とは

失敗しない、インプラント治療ガイド » インプラントニュース » インプラントはお金がないとできない?

インプラントはお金がないとできない?

インプラントといえば、高額というイメージを持たれます。この記事ではインプラントと他の治療を比較して、治療法と費用の比較、解説をしています。

入れ歯やブリッジと比較するとどうなの?

失った歯の機能を回復する治療法はいくつかあります。 施術法、かかるおおよその費用について、入れ歯、ブリッジとインプラントの比較をしてみましょう。

入れ歯

入れ歯治療法と特徴

失われた歯の代わりとなる人工の歯(人工歯)と、歯のない部分の粘膜の上に乗るピンク色の床(義歯床)からできている部分入れ歯。残っている歯にバネをかけ固定するのが特徴です。

比較的費用がかからない治療法ではありますが、歳をとるにつれて合わなくなってきますので何度か作り直すのが普通です。また、噛む力が入らないので、食事がしづらくなる、力作業で歯をくいしばることができなくなる等のデメリットはあります。

夜ははずして洗い、洗浄剤に保管する必要があることで、旅行先等で人に見られるのを嫌がる方もいらっしゃいます。

入れ歯の治療費用

保険適用でおおよそ5,000~13,000円程度、保険適用外の治療では1万~5万円程度です。

ブリッジ

ブリッジ治療法と特徴

失った歯の代わりとなる人口の歯を、両隣の歯に橋のように渡して入れるブリッジ。 両隣の歯を土台にし、人口歯を支えるようなかたちになります。

施術の経緯で支えになる歯を削ることや、施術後も支えの歯に常に大きな力がかかることも。そのため、将来的にその歯を失う原因となるケースがあります。

また施術部分の歯肉との間に隙間ができやすく食べ物カスがつまったり、がたつきが出やすいということもあります。 歯肉にとってよくない環境が続くことから、雑菌が増え歯肉炎などになったり。息や水がもれて発音が困難になることもあります。

ブリッジの治療費用

保険適用でおおよそ1本2万~4万円程度、保険適用外の治療では、おおよそ1本15万~45万円程度です。

前歯より、高い技術力を必要とする奥歯の施術が高価になる傾向にあります。

インプラント

インプラント治療法と特徴

インプラントは失ってしまった自分の歯のかわりに顎の骨に人工の歯根(インプラント)を埋め、そこへ義歯を固定する治療法です。

1本の歯を失った場合にも、複数の歯を失った場合にも適用できる治療法です。

ブリッジや部分入れ歯では不十分であった、固い食べ物を噛んでも十分耐えうる強度を備えており、また金属や留め具が見えず自然に近い歯の色になることから、健康な歯の機能と見た目に、より近づけることができるようになりました。

インプラントの治療費用

インプラント治療は、基本的に保険適用はありません。すべて自由診療です。

インプラント治療の予算は、歯科医院よって大きな開きはありますが、1本あたりおおよそ45~50万円といわれています。初期費用(検査・施術)のほか、別途治療過程にかかる費用、メンテンナンス費用などもあります。

値段は高いけどインプラントがおすすめ

インプラントは入れ歯やブリッジと比べ高額の費用がかかります。 しかし、見栄えや食生活の楽しみの面を考えると、インプラントは他より優れた治療方法です。

咀嚼をたくさんすることによって発がん物質の働きの抑制や肥満・糖尿病の予防などさまざまな効果があることがわかってきています。

費用が限られている場合、入れ歯やブリッジを選択するというのも仕方のないところですが、資金が許すのであれば、後々のQQL(クオリティ・オブ・ライフ・人間らしい、自分らしい生活の質)のために、インプラントがおすすめです。

納得のいく施術、かかる費用について知りたいときには歯科医院に相談してみましょう。

参照文献・参考記事

インプラントの失敗その理由とは

もっと見る

もっと見る

もっと見る

記事一覧を見る