失敗しないためのインプラント治療ガイド sponsored by KU歯科クリニック

インプラントの失敗、 その理由とは

失敗しないためのインプラント治療ガイド » インプラントニュース・トピックス » 重度歯周病とは
       

重度歯周病とは

このサイトは 「KU歯科クリニック」をスポンサーとして、Zenken株式会社が運営しています。

歯周病というと、歯茎が腫れたり出血したりするといったイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。この歯周病が進行した場合、「重度歯周病」と呼ばれる状態になることがあります。

こちらの記事では、この「重度歯周病」とはどのようなものなのかを紹介。症状や治療法、もしさらに放置してしまった場合にはどのような状況になるのかをまとめていますので、今自分の口の中に気になる部分がある方はもちろん、そうではない方もぜひチェックしてほしい内容となっています。

重度歯周病とは

歯周病は、「歯肉炎」「軽度」「中等度」「重度」といったようにその症状により段階が分けられています。重度に至ってしまった場合には、歯科医院で集中的に治療を行うことが必要となります。

「重度歯周病」の診断を行う場合には、歯周ポケットの深さをチェックします。歯周ポケットの深さが4mm未満の場合は軽度の歯周炎、4〜6mm未満であれば中等度、そして6mm以上の場合であれば、重度の歯周病に進行していると判断されます。

重度歯周病まで症状が進行する場合には、歯磨きが不足しているといったもののほかにも原因が存在するケースもあります。治療を進めるにあたっては、なぜここまで症状が進行してしまったのかといった原因を見つけることが再発防止につながるため、非常に重要なポイントとされています。

歯磨きの不足以外の原因としては、例えば「噛み合わせのずれ」や「部分入れ歯に不具合が起こっている」「糖尿病」といったものが考えられています。特に歯周病は糖尿病の合併症のひとつといわれるほど関連があることから、それぞれに対する治療が必要となります。

重度歯周病の症状・サイン

歯周病が重度歯周病まで進行してしまった場合には、上記でご説明した通り歯槽骨の破壊が進行している状態であるといえます。そのため、歯がグラグラと動いてしまう状態になっています(歯がグラグラと動く状態は「動揺」と呼ばれます)。この状態は、歯が抜けてしまう可能性が高くなっている危険な状態です。

また、重度歯周病の場合には、歯茎が腫れる、出血、歯茎が下がってくる、口臭がするといったようにさまざまな症状が現れ、口腔環境に悪い影響を与えることになります。そのため、例えば歯茎の腫れや出血、口臭などの症状が気になるといった場合には、早めに歯科医院を受診することが大切といえます。

ただし、歯周病はほとんど痛みが感じられない点が特徴でもあることから、症状が進んでしまい、重症化して初めて歯科医院を受診するといったケースが多いとされていますので、自分の口腔内の状況についてこまめにチェックしておくようにしましょう。

重度歯周病の治療について

歯周病の治療を行う場合には、まず自分で行うブラッシングでは取りきれない歯周ポケット内の歯石などの汚れを専用器具で取り除くといったスケーリングという方法を行います。さらに、汚れを除去できたら、歯の表面をなめらかにすることによって歯石の再付着を防ぐための治療を行っていきます。

ただし、上記の治療を行ったとしても歯周病の症状に改善が見られないなど、歯周病が進行している部分については、外科的処置が選択される場合があります。外科的処置を行う場合には、歯茎の切開を行って汚れを除去するといった「フラップ手術」などが行われます。

重度歯周病の具体的治療法

重度歯周病の治療を行う場合、まずは基本的な歯周病治療を行い、それでも改善しない場合においてはフラップ手術が選択される場合があります。フラップ手術は下記のような流れで行われます。

  1. まず、歯周ポケットが深くなっている部分に対して麻酔を行う
  2. 麻酔が効いたら、麻酔を行った部分の歯茎を切開する
  3. 切開した部分の歯茎を開いて、歯の根を露出させる
  4. 専用の器具を用いて歯石などの汚れを丁寧に取り除くことにより、歯の根の表面をきれいに清掃する
  5. 清掃が終わったら、歯茎を戻して傷口を縫合する
  6. 後日傷口の確認や消毒を行い、状態が良ければ抜糸を行う

基本的な歯周病の治療を行った後、あまり改善が見られない場合には上記のフラップ手術が検討されます。ただし、外科的な処置となるため、感染を防ぐといった意味でも口腔内の清掃状態が良好であること、さらに全身状態が良好であるかなどさまざまな点を考慮しながら、手術の適応かどうかを判断することになります。

重度歯周病を放置すると

重度歯周病を放置した場合、歯を失ってしまう可能性があるというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。もちろん、歯周病を放置すると歯がグラグラし始め、そのまま症状が進行した場合には歯が抜けてしまう可能性もあります。

このように、歯に大きな影響を与えるのはもちろんですが、歯周病は全身疾患との関連もあるとされていることから、さまざまな病気につながってしまう可能性もあるといわれています。

例えば、糖尿病は歯周病と大きな関連があるとすでにご紹介した通りですが、そのほかにも腎臓病や認知症、がん、心臓血管疾患、誤嚥性肺炎、早産・低体重児、動脈硬化など、非常に多くの疾患に対して歯周病が影響を及ぼすとされています。

このような面からも、口の中をしっかりとケアしておくことは歯周病を予防するといった点に加えて、全身の健康を保つといった意味でも重要であるといえるでしょう。

まとめ

こちらの記事では、重度歯周病について症状や治療方法、症状を放置した場合に考えられることなどについてまとめてきました。重度歯周病は歯周病が進行したものであるため、まずは自身での口腔ケアが非常に大切なポイントとなってきます。しっかりと口腔内のケアを行って歯周病を防いでいく点が重要ではあるものの、もし歯周病と思われる症状が出てきた場合には、早めに歯科医院を受診しましょう。

歯茎が腫れている、歯茎から血が出る、歯がグラグラする、口臭が気になるといったような症状が見られる場合には、信頼できる歯科医院に相談し、可能な限り早い段階から治療を開始することが大切です。

関連ページ

失敗しない、インプラント治療ガイド

インプラントニュース・トピックス
インプラントはお金がないとできない?
インプラントの術式~切開法とフラップレス~
差し歯で失敗するケース
幹細胞を使用したインプラント治療とは?
インプラント治療におけるカウンセリングとは?

インプラントの 失敗、 その理由とは

もっと見る

もっと見る

もっと見る

記事一覧を見る

もっと見る