失敗しない、インプラント治療ガイド sponsored by KU歯科

インプラントの失敗その理由とは

失敗しない、インプラント治療ガイド » インプラントの撤去(他院修正)でよくある質問を解説 » インプラントをやらなきゃよかったと後悔している人のために

インプラントをやらなきゃよかったと後悔している人のために

「インプラント治療を受けたのに、すぐにかぶせ物が壊れてしまった」、「痛みやしびれが残っていてつらい」こうした悩みを抱えている患者さんは確かにいらっしゃいます。しっかり噛めるようになりたくてインプラント治療を選択したのに、これでは意味がありません。「インプラントをやらなきゃよかった」と後悔してしまうのも無理がないでしょう。

インプラント治療をやらなきゃよかったと後悔している人の声

実際にどんな人・どんな治療をした人が後悔しているのか、治療をする前に知っておきたいところです。ここでは、インプラント治療後に不具合が起き、後悔している人の事例を紹介します。

インプラントが長すぎて神経が切れてしまった

左右の下の奥歯2本ずつをインプラントにした事例です。あごの骨にインプラントが定着する期間を経て人工歯を取りつける際、そのうちの1本の具合が悪いということで再手術を受けました。

すると、再手術の直後からあごのしびれが消えなくなり、水を飲むと口のはじからこぼれてしまうような状態になりました。主治医は「大丈夫」というばかり。しかし、しびれは消えません。

大学病院の口腔外科を受診して詳しい検査を受けたところ、あごの中の知覚神経の束にインプラントが突き刺さり、神経が絡まって切れていることがわかりました。インプラントのサイズが長すぎたのが原因のようです。

この患者さんがインプラントを埋め込む際に受けた検査は、CTではなく通常のレントゲン撮影だけでした。あごの状態を詳細に把握しないまま治療が行なわれていたということです。

格安インプラント治療を受けたら痛みや腫れがひどい

若くして歯が抜けてしまい、ネットで見つけた格安インプラント治療を受けた事例です。ホームページには「自分の歯のような見た目と噛み心地が取り戻せる」とあり、患者さんはそれを信じて治療を受けました。

治療そのものはすぐに終わりましたが、痛みと腫れが続き、しかも噛むと痛みが走るような状態でした。主治医に相談しても「わからない」「様子を見ましょう」の一点張り。自分でよく見てみると歯茎から人工歯が浮いており、患者さん自身は接客業なのに口臭もひどくなって仕事にも支障をきたしてしまいました。

改めて別の歯科医院で診てもらうと、歯周病の治療を行なわずにインプラントを埋め込んだため、インプラント周囲炎を起こしていると指摘されました。このままでは他の歯も失いかねないので、やむを得ずリカバリー治療を受けることになったのです。

インプラントを撤去して再治療が必要になった

治療から数か月してインプラント治療した箇所がグラつき始め、メンテナンスでの通院を怠けていたため、セカンドオピニオンで別の歯医者さんに相談。腫れも出ているため一度撤去したうえで、骨を造る処置と併用してインプラントの再埋入が必要と言われました。定期的なメンテナンスで通っていればもっと早くに対処できた可能性があることを考えると、メンテナンスやかかりつけ医の重要性がわかります。

インプラントの撤去に関する悩みなら
歯科医師が回答する良くある質問集

インプラント治療で後悔しないために

インプラント治療は優れた歯科医療の代表として広く世界中で行なわれ、数多くの実績と症例があります。しかし、前述のようにインプラント治療を受けたことを後悔している患者さんがいることも事実です。

インプラント治療で後悔しないためには、どのようなポイントに気をつけるべきでしょうか。

しっかり説明してくれる歯科医院を選ぶ

まず大事なことは、インプラント治療の説明をしっかりしてくれる歯科医院を選ぶことです。どんな手術にも必ずリスクがありますので、デメリットも詳しく伝えてくれてこそ信頼関係を結ぶことができます。

最近では無料カウンセリングを行なっている歯科医院も多いので、それらを利用してみるのも一手です。かかりつけの歯科医院でインプラント治療をすすめられた場合、念のため他の歯科医院でセカンドオピニオンを受けるのもいいでしょう。「いつも診てもらっている先生に申し訳ない」と思う気持ちはわかりますが、インプラント治療は高額でリスクも伴います。自身がしっかり納得できるまで歯科医院を探すべきです。

もし自分だけでは不安なら、ご家族と一緒にカウンセリングや説明を受けてみてはいかがでしょうか。第三者の目で冷静に歯科医院の良し悪しを判断することも大切です。

設備が充実していて症例が多い歯科医院を選ぶ

インプラント治療前にあごの骨や神経の状態を正確に把握するためには、歯科用CTなどの医療機器が充実していることが重要です。そして、歯科医院としてインプラント治療の症例数という実績は重要な目安のひとつになるでしょう。

インプラント治療に不慣れな歯科医師が手術を行なって動脈を損傷し、死亡事故に至ったという痛ましい出来事も実際に起きています。高い技術を持ち、信頼できる歯科医師を選んでインプラント治療を受けるよう心がけてください。不安なことや疑問点があれば、遠慮せず事前に相談しておくべきです。

まずはしっかりと診察してもらってから適した治療を

冒頭お伝えしたように、インプラント治療を受けたものの痛みがおさまらない、腫れがひかない、噛み合わせが合わないなど、さまざまな悩みを抱えている患者さんがいます。通院しても問題を解決できず、どこに相談していいかわからずに諦めてしまうケースもあるかもしれません。

ですが、歯科医院の中にはインプラントのリカバリー(再治療)を得意としているところもあります。まずはそうした歯科医師にしっかり診察してもらい、適した治療を受けましょう。症状が進行していても、早めに受診することで手遅れにならずにすむかもしれません。

関連ページ

失敗しない、インプラント治療ガイド

インプラントの撤去(他院修正)でよくある質問を解説
インプラントの再埋入・再治療(リカバリー・インプラント)はできる?
治療後にインプラントが取れた場合はどうすればいい?
インプラント治療から数年後に出てきた痛みをどうにかしたい
インプラント治療中・術後のトラブルでの転院はできる?
インプラント治療後の噛み合わせが悪い・気になる場合の対処法

インプラントの失敗その理由とは

もっと見る

もっと見る

もっと見る

記事一覧を見る

もっと見る