失敗しない、インプラント治療ガイド sponsored by KU歯科

インプラントの失敗その理由とは

失敗しない、インプラント治療ガイド » インプラントの撤去(他院修正)でよくある質問を解説 » 治療後にインプラントが取れた場合はどうすればいい?

治療後にインプラントが取れた場合はどうすればいい?

インプラント治療後のトラブルのひとつに、インプラントの脱落があります。もしそうした事態になったら、あわてずに適切な応急処置を行なうことが大切です。

一般的なインプラントは3つのパーツで構成されています。あごの骨に埋め込むフィクスチャー(インプラント本体)は天然の歯でいえば歯根にあたりますので、最下部に位置しています。

最上部に位置する上部構造が目に見える人工歯で、クラウンなどのかぶせ物とほぼ同じです。そして、フィクスチャーと人工歯をつなぐアバットメント(土台)が間にあります。

インプラントが脱落した場合は、どのパーツなのかをまず確認してください。パーツによって応急処置の方法も変わってきます。

インプラントの脱落で必要な処置とは

脱落・取れたパーツによって応急処置が異なるので、それぞれの対処法を解説します。

インプラント治療後に人工歯が取れてしまった場合の対処法

上部構造の人工歯だけが取れてしまった場合は、インプラントの要であるフィクスチャーやアバットメントが正常な位置に残っているので対処しやすいと思われます。

対処法としては、取れてしまった人工歯をなくさないように保管し、むき出しになったフィクスチャーやアバットメントには触れないようにすることです。人工歯がそのままの形で外れてしまった場合も、一部が欠けて取れてしまった場合も同様です。

もっともやってはいけないのは、外れた人工歯を自分自身でもとに戻そうとすることです。自分自身の力ではまず無理です。必ずインプラント治療を受けた歯科医院で診てもらいましょう。

インプラント治療後にフィクスチャーが取れてしまった場合の対処法

人工歯根であるフィクスチャーが取れてしまった場合は、少々やっかいです。本来であればあごの骨と結合して固定されているはずのフィクスチャーが取れてしまうのは、いくつかの原因が想定できますが、まずは応急処置です。

まず、取れてしまったフィクスチャーを自分自身でもとに戻そうとする行為は絶対にやめてください。細菌感染の原因にもなりますし、別のトラブルが起こる可能性もあります。

また、フィクスチャーが取れているということは、人工歯やアバットメントも外れているということですので、それらのパーツもなくさずに保管しておいてください。状態によっては再利用できます。

いずれにしても、フィクスチャーが取れてしまった部分は、むやみに触れないようしてしてください。ありがちなのが無意識に舌でいじってしまうことですが、細菌感染の原因になるだけではなく、フィクスチャーをもとに戻せないような状態になることもあります。

インプラント治療後にアバットメントが取れてしまった場合の対処法

人工歯とフィクスチャーをつなぐアバットメントが取れてしまった場合は、人工歯も取れている状態です。そのままでは人工歯根であるフィクスチャーがむき出しの状態ですので、速やかにインプラント治療を受けた歯科医院を受診してください。

その際は、取れてしまったアバットメントと人工歯を忘れずに持参しましょう。そのまま再利用できることも多くあります。ただし、アバットメントや人工歯が破損している場合は、新しいパーツに交換しなければならないこともあります。

取れてしまったパーツの保管方法

よくある光景ですが、取れてしまったインプラントのパーツをティッシュに包んで保管することは避けましょう。いつの間にかこぼれ落ちて紛失してしまうこともありますし、ごみと間違えて捨ててしまうこともあります。

取れてしまったパーツは、中身が見える透明なプラスチックケースなどに入れて保管しておくのがおすすめです。

インプラントの撤去に関する悩みなら
歯科医師が回答する良くある質問集

インプラントが取れる原因

インプラントが取れるのは、噛み合わせの不具合や歯ぎしりなどが原因として多く挙げられます。 まず、噛み合わせが悪いとインプラントに過剰な負担がかかり、それに耐えられないと脱落してしまいます。歯ぎしりや食いしばりといったくせも同様です。

また、インプラント周囲炎を起こしている場合も脱落の原因になります。インプラントが取れてしまって歯科医院を受診する場合、もし心当たりがあれば歯科医師にインプラントが脱落したきっかけを伝えてください。脱落した時間も控えておきましょう。このような情報は、インプラントをもとに戻す治療のために重要な意味を持ちます。

まずはしっかりと診察してもらってから適した治療を

上記のとおり、インプラントが取れてしまった場合は、自分でパーツをもとに戻そうとしたり、取れたところに触れたりしてはいけません。

インプラントが取れたまま放置していると、別のトラブルが起こる可能性が高まります。応急処置を行なったあとは、できるだけ早く歯科医院を受診することが重要です。

特にフィクスチャーが取れた場合は迅速な行動を心がけてください。インプラント治療に精通した歯科医師であれば、すぐに脱落の原因を把握して適した治療法を提示してくれるはずです。

関連ページ

失敗しない、インプラント治療ガイド

インプラントの撤去(他院修正)でよくある質問を解説
インプラント治療後の噛み合わせが悪い・気になる場合の対処法
インプラント手術のやり直しにかかる費用や保証は?
一度入れたインプラントは交換できる?
インプラント治療中・術後のトラブルでの転院はできる?
インプラントがグラグラする場合の対処法とは?

インプラントの失敗その理由とは

もっと見る

もっと見る

もっと見る

記事一覧を見る

もっと見る