失敗しない、インプラント治療ガイド

インプラントの失敗その理由とは

失敗しない、インプラント治療ガイド » 失敗を防ぐインプラントの正しい知識 » インプラントのリピート率は100%?

インプラントのリピート率は100%?

インプラントのリピート率はほぼ100%

一度インプラントを受けた患者さんが、別の歯を抜かなければならなくなるケースは往々にしてあります。その際、必ずと言っていいほどに、すべての患者さんがインプラント治療を再び選択します。

これは、入れ歯やブリッジといった治療方法と比較して、インプラントの快適さがより顕著であるからだと考えます。

事実、食べ物が挟まりやすいといった相談は、ブリッジや入れ歯の方が圧倒的に多く、咬み合わせのバランスからブリッジに対してストレスを抱える方も少なくありません。インプラントで食べ物を噛む際の自然な感覚は、入れ歯やブリッジとは比べものにならないほどなのです。

入れ歯やブリッジ治療からインプラントに変える例も

前述のとおり、入れ歯やブリッジが思いもよらないストレスを私達に与えているケースは、少なくありません。

そのため、昨今では入れ歯やブリッジによる治療をインプラントに切り替える患者さんも増えてきました。

入れ歯からインプラントに変える理由

「インプラント」という治療方法がポピュラーになったいま、入れ歯より機能面やメンテナンス面からも優れているということは、常識となりつつあります。加えて最近ではメンタル面でのメリットや影響も、インプラントに変える理由としてあるように感じます。

たとえば、女性の患者さんの中には、周囲に内緒で入れ歯を付けている方がいます。そのような方の多くは、入れ歯を外したときのシワの寄った顔を他人に見られたくないという思いがあります。

例えそれが家族であったとしても、気にかけてしまう方は少なくありません。入れ歯はこういったストレスを抱えながら、日々を過ごさなければならない可能性があるのです。

インプラントには、器具を外す行為、外した時の容姿が変わってしまう、といったストレスが一切ありません。インプラントに切り替えたことで、入れ歯によるストレスから解放され、メンタル面で明るくなる患者様が多くいらしゃいます。

ブリッジからインプラントに変える理由

ブリッジを経験したことがない方の場合、「ブリッジもインプラントも同じようなものでは?」といったイメージがあるかも知れませんが、これは明らかな誤解です。

ブリッジの最大の問題として指摘されているのが、噛み合わせのバランスの悪さ。天然の歯だった頃に比べ、明らかに噛み合わせは変わってしまいます。不快感を覚えるのみならず、余計な負荷がかかり続けてセラミックが欠けてしまうこともあります。

また、ブリッジの設置にともなって両サイドの天然歯の神経を抜いてしまったとすれば、これが原因で歯の根本に膿が生じ、噛むに噛めない状態になることも。金属製のブリッジであれば、審美性が損なわれる可能性も考えられます。

インプラントは健康な歯を残す治療となるため、神経を抜く必要もありませんし、歯並びにも大きな影響は出ません。「時代のトレンドだから」という理由ももちろんありますが、長期的に使えて、審美性が高い治療法に切り替えるのは当然ですし、賢い選択だといえます。

治療費以上のメリットを感じられるのがインプラント

入れ歯やブリッジをやめてインプラント治療に変えた方はもちろんのこと、はじめからインプラント治療を選択した患者さんであったとしても、一度インプラントを経験すると、その快適さに驚かれます。

治療費は決して安くはありません。しかし、治療後の人生の長さを考えれば、自然とインプラントを選択する方は多くなり、別の歯の治療でもインプラントをリピートする割合が多くなるのは必然なのです。

治療費以上のメリットを感じられるからこそ、インプラントのリピート率はほぼ100%であるといえるのです。

インプラントの失敗その理由とは

もっと見る

もっと見る

もっと見る

記事一覧を見る