失敗しない、インプラント治療ガイド

インプラントの失敗その理由とは

失敗しない、インプラント治療ガイド » インプラントニュース » インプラントのフラップレスとは

インプラントのフラップレスとは

切開せずにインプラントを行う画期的な手術法、フラップレス。ここでは、フラップレスの特徴やメリット・デメリットなどを詳しくご紹介しています。

フラップレスの概要

フラップレスとは、インプラントの埋入部分に直径4mmほどの穴を開け、そこからインプラントを直接入れていく治療法のこと。一般的なインプラントは、メスを使って歯肉を切開してからインプラントを挿入しますが、フラップレスには切開の必要がないため、体への侵襲が少なめ。出血を最小限に抑えたり、炎症や感染のリスクを低下させたりすることができる画期的なインプラント法です。

フラップレスのメリット

フラップレスのメリットには、主に次のようなものがあります。

体への侵襲が少ない

切開不要で侵襲の少ない治療法のため、治療中の出血を最小限に抑えることができたり、また治療後の痛みを軽減させたりすることができます。

従来のインプラントよりも感染リスクが低い

一般的なインプラント治療に比べて手術時間が短くなるため、相対的に、手術による感染リスクが低くなります。

すぐに仮歯を入れることができる

一般的なインプラントでは、インプラントの土台を埋入してから人工歯を装着するまでに数ヶ月の期間を要しますが、フラップレスの場合は、手術の直後から仮歯を装着することができます。

フラップレスのデメリット

フラップレスのデメリットとしてあげられるのは、安全面や適用できないケースがあるという点になります。

医師の経験が重要に

フラップレスは切開を伴わない手術だからこそ、歯科医師は、歯茎の内部を直視しない状態でインプラントを行うことになります。よって、治療結果には歯科医師の経験や勘、センスなどが影響してくるため、安全面においては従来のインプラントに劣ると考えられています。

また、フラップレスが適用となる患者は、実際には少数派。適用できない患者のほうが多いという点も、フラップレスのデメリットの一つと考えて良いでしょう。

フラップレスが適用となる条件

理想的なインプラント法のフラップレスですが、残念ながら適用できる方は、多くはありません。以下の条件をすべて満たした方のみが、フラップレスの適用となります。

これら条件がすべて満たされた患者で、かつデンタルCTを通じて十分なシミュレーションが確立された方のみ、フラップレスを受けることができます。

インプラントの失敗その理由とは

もっと見る

もっと見る

もっと見る

記事一覧を見る