失敗しない、インプラント治療ガイド

インプラントの失敗その理由とは

失敗しない、インプラント治療ガイド » インプラントニュース » 綺麗な歯ってどんな歯?

綺麗な歯ってどんな歯?

綺麗な歯とは、いったいどんな歯のことを言うのでしょう?単に白い歯を指して綺麗な歯、と言うのでしょうか?ここでは、綺麗な歯の意味、綺麗な歯を維持するために自分でできること、歯科医院でしかできないこと等を解説しています。

綺麗な歯ってどんな歯?

綺麗な歯とは、どのような歯のことを指すのでしょう?一般的に考えれば、私たちは次のような歯を「綺麗な歯」と感じるのではないでしょうか?

白い歯

綺麗な歯と聞いて、まっさきに思い浮かぶのが「白い歯」です。多くの人は、黄ばんだ歯よりも白い歯のほうが健康的かつ美しい、と感じるものです。

並びの良い歯

歯並びもまた、綺麗な歯を印象づける大事なポイント。並びがガタガタの歯よりも、並びが整然としている歯のほうが、多くの人は美しいと感じるはずです。

色の統一が取れた歯

差し歯や被せ物等の理由により、歯の一部だけ変色している方が見られます。歯全体の色の統一感も、綺麗な歯を印象付けるためのポイントとなるでしょう。

ピンク色の透明感ある歯茎

歯自体の美しさだけではなく、歯茎の美しさも大切です。喫煙などの影響で血行不良になると、歯茎は黒ずんでしまうことがあるので要注意。ピンク色の透明感ある歯茎が審美的には理想的です。

綺麗な歯を維持するために自分でできること

綺麗な歯を維持するめに、日ごろから次の2つを意識してみましょう。

歯の色を変える食べ物、飲み物等に注意する

コーヒーや紅茶、赤ワイン、チョコレートなど、歯の色に影響を与えてしまう食べ物や飲み物があります。煙草も、歯や歯茎の色に影響を与える要素となるので注意しなければなりません。[注1]

こまめに歯磨きをする

虫歯の治療痕が歯の審美性に影響を与えることがあります。治療痕を残さないようにするためには、虫歯にならないことが前提。虫歯にならないようにするために、歯磨きをこまめに行うようにしましょう。

綺麗な歯にするために歯科医院でできること

歯科医院は、虫歯を治すだけの医療機関ではありません。歯の専門機関として、歯を美しく見せるための治療も用意しています。[注2]

クリーニング

歯科専用の器具や研磨剤を使用し、歯に付着している歯垢や歯石などを徹底的に除去することをクリーニングと言います。歯垢・歯石が除去されるとともに、食べ物等の影響で歯に付着した色も除去することができます。[注2]

ホワイトニング

クリーニングで取れなかった歯の黄ばみや、生まれつき歯が黄ばんでいる人は、ホワイトニングを受けることで美しい白い歯に生まれ変わります。[注3]

歯列矯正

歯列矯正を受けることにより、乱れた歯並びが整然となります。審美性が高まるためではなく、噛み合わせも改善します。[注4]

参照文献・参考記事

インプラントの失敗その理由とは

もっと見る

もっと見る

もっと見る

記事一覧を見る