失敗しない、インプラント治療ガイド

インプラントの失敗その理由とは

失敗しない、インプラント治療ガイド » 失敗しないためのインプラントクリニックの選び方 » 設備が整っているか

設備が整っているか

インプラント治療の成功率を高める、設備と機器の充実

インプラント治療で失敗しないために、歯科クリニック選びは非常に重要です。クリニックを選ぶ際に確認するポイントとして重要なもののひとつが、そのクリニックの設備。インプラント治療を安全かつ最適、高品質に行うためには、設備や機器の充実度が大きく関係してくるからです。

クリニックの設備・機器は充実しているか、必ずチェック!

近年、インプラント治療の成功率が飛躍的に高まった理由のひとつに、治療器具や機器の進化があります。
なかでもインプラントと骨の結合具合を音波で計測する機器は優れもの。従来はインプラントがしっかりと骨にくっついているかどうかは、歯科医の経験と勘でしか確かめられませんでした(これは、未熟な歯科医師がインプラント治療を失敗する大きな原因のひとつでした)。
ですが、現在はこの機器を使えば、数値によって接着度が示されるため、正確な判断の手助けになります。

「デンタルCT」も、クリニックに備わっていてほしい機器のひとつ。デンタルCTは、放射線の照射によって断層撮影ができ、映し出された情報はコンピュータによって処理され、口内の内部画像が鮮明にわかる最新の医療機器です。
インプラント体を埋入する部位の骨の状態や厚みだけでなく、神経や血管の位置も正確に映し出してくれます。
インプラント治療の場合には、わずか1mmといった微妙なズレでも結果が変わってしまうため、確実な診査・診断が可能となるデンタルCTは、これからのインプラント治療になくてはならない機器といってもいいでしょう。
ただ、大変高額な医療機器にですので、まだまだ導入しているクリニックは少ないのが現状。それだけにデンタルCTが備わったクリニックは、安心・安全へ取り組みに積極的な姿勢をもっていることが伺えます。

そのほかにも、根管の内部から歯周組織、歯の切削面など様々な口腔内の状態を確認できる「マイクロスコープ」や、CTによる三次元データを用いて的確な位置にインプラント埋入手術ができるようにする「サージカルガイド」も注目。
さらに外科手術用のマイクロモーターが先端に装備されていて、自動的にドリルの回転数を調整してくれるコンピューターシステムのインプランターなどがクリニックに備わっていれば、より安全に、安心してインプラント治療が受けられるでしょう。

インプラント治療成功を支える、注目の最新設備・機器

最近の歯科治療にはレーザー技術も多く採り入れられています。医療用レーザーには様々な種類のものがありますが、なかでも炭酸ガスを用いた「CO2レーザー」は、適応範囲が広く有用だと言われています。
特にインプラント治療でレーザーを使うと、埋入術式が単純化されるので、手術時間が短縮されます。
このレーザーを使った治療は、従来よりも費用が軽減されるだけでなく、インプラント治療の成功率が高まるといったメリットもあり、これからますます歯科医療現場で活躍することでしょう。

さらに最新の歯科治療では「ピエゾサージェリー」という器具があります。
厚生労働省から認可されたことで、インプラントの現場でもようやく使えるようになった最先端の超音波メスです。
これは主にインプラント埋入時に使用されますが、従来の機材よりも非常に安全性が高い器具です。

デジタルCTによって事前情報が細かくデータ化され、そのデータを元に最新の器具・機材を使ってインプラント治療を行えば、安心・安全度が飛躍的に高まるでしょう。
さらにこうした設備の充実度はそのまま、患者さんのストレスを最小限に抑えることにつながり、満足度の高い治療となるのです。

インプラントは「手術」。個室での治療は最低条件!

設備面で最後に付け加えるなら、インプラント手術を行うオペ室がきちんと隔離された空間であるかどうかは重要です。
インプラント治療はその性質から、減菌されたクリーンルームでの治療が望ましく、安心・安全な治療のためには必要な設備になります。
想像してみてください、左隣で子供が泣き叫びながら虫歯治療をしていたり、片や右隣では歯科衛生士が歯石取りをやっているような環境で、果たしてインプラント治療を安心して受けられるでしょうか。
院内感染を防止したり、粉塵による異物混入を防ぐ意味でも、最低限、個室でインプラント治療・手術ができるクリニックを選ぶべきなのです。

インプラントの失敗その理由とは

もっと見る

もっと見る

もっと見る

記事一覧を見る