失敗しない、インプラント治療ガイド

インプラントの失敗その理由とは

失敗しない、インプラント治療ガイド » なぜ失敗?インプラント事故のトラブル事例集 » インプラントが痛い原因として考えられる細菌感染とは

インプラントが痛い原因として考えられる細菌感染とは

インプラント治療後に起こる痛みの原因

念願のインプラント治療を行なってみたものの、治療後にズキズキとした痛みが生じる場合があります。クリニックから処方された薬を飲んでも効かない程の強い痛みだったり、1週間以上痛みや腫れが続いたりする場合は、組織にやけどや細菌感染を起こしているおそれも。すぐに治療したクリニックへ相談したほうがいいでしょう。

インプラントが適切に埋入されていない

治療直後に痛みや腫れの症状が出ることはよくありますが、長期的に痛みが続く場合、インプラントに問題があると考えられます。インプラントは適切な位置・深さ・角度に応じてしっかり埋入していないと、神経を損傷したり痛みを生じたり、他の歯の歯根に触れることによって、痛みがでてくることがあります。

治療環境が整っていないと、炎症や腫れを引き起こす細菌感染のリスクが高まりますので注意してください。

細菌に感染している(インプラント周囲炎)

治療したインプラントが細菌に感染してしまうと、天然歯よりも細菌の進行が早いため、脱落を引き起しやすくなります。インプラントの歯周病と言われる「インプラント周囲炎」は、インプラントが失敗してしまう大きな原因のひとつになっているのです。

また、歯周病で歯を失ってしまった患者さんもインプラント治療を受けられますが、治療の前に歯周病治療をしっかり行なわないと、インプラントが細菌に感染するおそれがありますので、注意してください。

治療を行なった歯科医師に原因のある場合がありますが、メンテナンス不足による感染は、患者さん自身が防ぐ必要があります。

インプラントはメンテナンスが重要なので、徹底することを忘れないでください。

インプラント治療後に起こる日常生活でのトラブル

インプラントの施術後、患者さんの日々の過ごし方や間違ったケア方法が原因で、痛みや腫れを引き起こすことがあります。歯科医師のアドバイスをしっかりと守りましょう。ここでは、インプラント治療後に 日常生活で控えるべき行動についてまとめました。

薬の服用を中断

インプラント治療後には、クリニックから処方された薬を渡されますが、こちらはすべて服用するようにしてください。「昼は飲まなくてもいいかな」、「もう痛みがないから、全部飲まなくても大丈夫かな」と、自己判断で服用する量を少なくしたり、やめたりすると、薬の効果を正しく得られません。また、細菌感染を引き起こすリスクもありますので、細菌感染を予防するのであれば抗生物質の服用は欠かせません。もらった薬は指示されたとおりに飲むようにしましょう。

口腔内の衛生状態が悪い

インプラントの治療直後は、傷口を保護するためにブラッシングといった刺激を与えないようにする必要があります。治療直後に強いうがいやブラッシングをしてしまうと、閉じかけていた傷口が開いてしまうからです。ですが、まったくブラッシングをしないのも問題。プラークと呼ばれる歯垢が溜まりすぎると、細菌感染を引き起こす場合があります。そのため、歯垢を溜めないよう常に最適なケアを心がけることが大切です。

喫煙・飲酒

インプラント治療後に喫煙・飲酒を行なうと、痛みや腫れが長引くおそれがあります。喫煙は、生体の防御に欠かせない白血球の作用を低下させてしまうため、歯茎の炎症が起こりやすくなります。また、タバコの主成分であるニコチンが血管を収縮させ、血の流れを悪くさせてしまうので、骨の新陳代謝を阻害する要因となってしまいます。すると、免疫のメカニズムが崩れてしまい、細菌感染を起こしやすくなります。

喫煙の他にも注意しなければいけないのは飲酒です。飲酒は血圧を上げてしまうので、術後の痛みや出血が出やすくなるでしょう。

インプラント治療後の痛みを避けるためにも

インプラント治療をするにあたり、失敗のリスクを避けるのであれば、十分な設備や技術力のあるクリニック選びが大切になってきます。

インプラント治療を行なっているクリニックの上手の選び方として、4つのポイントが挙げられます。

1つめは症例数。歯科医師の症例数が多ければこれまで多くの経験を積んできたことが分かります。経験が豊富だと、イレギュラーな場合でも迅速に対応することができるでしょう。

2つめは実績。経験してきた症例数が多くても、失敗してきた割合が高ければ、安全な治療をしてもらえるとはいえませんね。

3つめは治療技術。実績とあまり変わらないと思ってしまいますが、治療スキルが高い歯科医師を選ぶことが大切です。また、学会や勉強会に参加している歯科医師は、最新の治療スキルを身につけているので、より効果の高い治療を受けることができます。

4つめは設備や機器の充実さ。設備や機器があるから安全ということではありませんが、治療の安全性を高めるには必要です。安全性が高い治療環境だと、失敗するリスクを減らすことができるでしょう。

インプラント治療をするなら、安全性の高い治療技術を持った歯科医師が在籍するクリニックを選ぶようするといいでしょう。

失敗しないための
インプラントのクリニックの選び方

インプラントの失敗その理由とは

もっと見る

もっと見る

もっと見る

記事一覧を見る